アートディレクターのお仕事。

▪️アートディレクターの仕事とは?

アートディレクター(Art Director)とは、グラフィックデザインや広告、装丁などの視覚的表現に関して責任を持つ人のことを指します。簡単に言えば、アートディレクターは制作チームにおけるリーダーです。

広告などを制作する際は必ず、デザインを実際に行うグラフィックデザイナーや、コピーライター、プランナー、フォトグラファーなど多くの専門家が集まり、ひとつのチームとなって制作を行います。その際に、リーダーとなって全体を指揮する役割がアートディレクターです。
そのため、アートディレクターはそれぞれの仕事についてよく理解し、指示を出す必要があります。また、外部との交渉や、納期やコストの管理などもアートディレクターの仕事です。アートディレクターが一貫して制作に関わることで、明確なコンセプトに基づいて制作することができるのです。
出典元:アートディレクターって何?|仕事百科|働くビビビット

 

 

 

 

 

▪️私たちが普段やっていること。

デザイナーの仕事は、チラシを作りたいお客様に、そのままチラシを作り、
ホームページを作りたいお客様にホームページを作る事です。

もちろんこれも、出来上がったものがいいものであれば、悪いことではありません。
お客様のニーズに応えています。

しかし、私たちは、ディレクターの仕事まで範囲を拡大しさらに深いご質問、ご提案、させていただいております。

チラシ、を作りたいのは何のためか?
そのためには、チラシを作る前にこれをした方がいいのではないか?
そもそもチラシよりも、こちらの方法をとった方が、ターゲットに響くのではないか?

モノだけに意識をせず、仕組みづくりからのご提案を心がけています。

 

 

 

 

 

▪️そのようにして、お客様も気づいていないニーズを探し出し、
お客様とよりクオリティの高い仕組みづくりをしています。

実際何をしていいかわからないところからでも
是非、相談して頂きたいです。
例えば、

 

 

・この商品を売っていきたい。
・このイベントの集客をしたい。
・HPをリニューアルしたい。
・新しいブランドを立ち上げたいが、まずどうしていいかわからない。

 

 

 

 

弊社へお問い合わせください!

お問い合せについてはこちら
(下部のContactボタンをクリックして下さい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です